paint-brush
B2B SaaS ビジネス開発のための究極のチェックリスト@ezagum
18,095 測定値
18,095 測定値

B2B SaaS ビジネス開発のための究極のチェックリスト

Evgeny Zagumennov14m2023/06/28
Read on Terminal Reader

長すぎる; 読むには

成功する B2B SaaS 企業は何もないところから生まれるわけではありません。それは真剣な市場調査の成果です。競合他社、潜在的な顧客、そしてより広範な業界の状況を理解することは、エッジをつなぎ合わせるのに役立ちます。問題点、組織のワークフロー、予算、およびそれらの規制環境を理解することが重要です。
featured image - B2B SaaS ビジネス開発のための究極のチェックリスト
Evgeny Zagumennov HackerNoon profile picture

この記事のリード画像は、HackerNoon のAI Image Generatorによってプロンプト「ビジネス アプリ」を通じて生成されました。


そこで、B2B Software as a Serviceの世界に飛び込むことにしました。最初はジグソーパズルを組み立てるような感じです。


まずはアイデア、つまり基礎となる部分から始めます。このアイデアは、日常業務の自動化やワークフロー効率の最適化など、ビジネスが直面する特定の課題に対処する必要があります。 Slack がチーム コラボレーションや Quickbooks で何をしているか、中小企業の会計で何をしているかを考えてみましょう。


次は市場調査です。パズルの箱のカバーを調べて手がかりを探します。競合他社、潜在的な顧客、そしてより広範な業界の状況を理解することは、エッジをつなぎ合わせるのに役立ちます。たとえば、CRM ソフトウェアを作成したい場合は、Salesforce などの既存の成功したプラットフォームを隅々まで理解する必要があります。


製品と市場の適合性を確立することは、難しい中間部分を見つけることに似ています。潜在的な顧客と、あなたの製品が彼らにどのように役立つかを理解する必要があります。 Adobe Creative Cloud の SaaS モデルを考えてみましょう。彼らは中心的な視聴者とクリエイターを見つけ、彼らのニーズに正確に応える製品を開発しました。


作業が進むにつれて、技術スタックの選択、ソフトウェア開発方法論の考案、セキュリティとスケーラビリティの計画など、より複雑な技術的側面に対処する必要があります。 Spotify がどのようにして単純な音楽ストリーミング アプリから世界的なオーディオ プラットフォームに成長したかを覚えていますか?この成長の背後には、スケーラビリティのための戦略計画がありました。


これらすべてを念頭に置くのは大変なことのように思えるかもしれませんが、段階的に進捗を計画すると、より現実的になります。それらの中で最も重要なものを詳しく見てみましょう。画期的な SaaS を立ち上げるには具体的に何をする必要がありますか?

1. コンセプトを定義する

まず、明確なアイデアが必要です。単なるアイデアではなく、企業が直面している本当の問題を解決するものです。


人気の管理ツールである Atlassian の Jira について考えてみましょう。これは、ソフトウェア チームがバグやタスクを簡単に管理および追跡する必要性という真の課題から生まれました。 Jira の作成者は特定の問題を発見し、適切な解決策を提供しました。


SaaS サービスの鍵となるのは、現実世界の具体的な問題を特定することです。物流会社が自社の車両を効果的に管理するのに苦労しているとします。通常の ERP システムでは対応できないかもしれませんが、リアルタイムの追跡、ルートの最適化、予知保全を備えた SaaS ソリューションがまさに必要なものになる可能性があります。


コンセプトを定義するということは、ビジネス固有の課題を理解し、それらに対する実用的な解決策を作成することです。ただし、それが技術的に可能であり、市場に優しいものであることを確認してください。

2. 市場調査の実施

成功する B2B SaaS 企業は何もないところから生まれるわけではありません。それは真剣な市場調査の成果です。市場の力学、競合、潜在的な顧客、およびそのニーズを理解する必要があります。


電子商取引におけるデータ視覚化のための SaaS ソリューションの開発を計画しているとします。 Tableau や Looker などの競合他社を理解することが不可欠です。どのような機能が提供されますか?彼らはサービスの価格をどのように設定しているのでしょうか?ソフトウェアで埋められるギャップを見つけられますか?

潜在的な顧客を理解することも同様に重要です。どのような種類のデータを扱っているのでしょうか?このデータを視覚化する際に、どのような課題に直面するのでしょうか?ソリューションは、これらの特定のニーズを満たすように調整する必要があります。


電子商取引では、ビジネスは大量のリアルタイム データを扱います。あなたのソリューションはこれに対処できますか?クラウドネイティブ アーキテクチャやデータ ストリーミング プラットフォーム (Apache Kafka など) などのテクノロジーの使用を検討していますか? SaaS 製品が、潜在的な顧客がすでに使用している技術スタックやワークフローと整合していることが重要です。

3. 製品と市場の適合性を確立する

まず、潜在的な顧客の明確なイメージが必要です。たとえば、クラウドベースの人事ソフトウェアを開発しているとします。ターゲットとなる顧客は、リモートで従業員を抱える中規模から大規模の企業である可能性があります。彼らの問題点、組織のワークフロー、予算、規制環境を理解することが重要です。


この顧客の肖像画を描いたら、製品がその絵にどのように適合するかを検討する必要があります。人事ソフトウェアの場合、貴社の製品は採用プロセスを簡素化しますか?給与管理はより効率化されますか?顧客にとって頭の痛い規制遵守の問題に対処していますか?これらすべての質問に答える必要があります。


次に、対象市場のベータ テスターに製品を提示する必要があります。これらは、あなたの製品が本当に市場に適合しているかどうか、または改善が必要な点があるかどうかを理解するのに役立ちます。

4. MVP を構築する

市場とそのニーズを理解した後、大規模な開発プロセスを開始したくなるかもしれません。ただし、ほとんどの場合、小規模から始めて、実用最小限の製品 (MVP) を作成する方が良いでしょう。基本的に、これは、特定した中心的な問題を解決するだけの、ソフトウェアの機能を簡素化したバージョンです。


顧客とのやり取りとデータを管理および分析するように設計された新しい CRM プラットフォームを作成しているとします。 MVP ステージでは、連絡先管理、リード追跡、売上予測などのコア機能のみに焦点を当てることができます。電子メール マーケティングやソーシャル メディア統合などの他の機能がなくても、CRM ソフトウェアは依然として価値を提供し、企業が直面する主な問題を解決します。


MVP 開発に無駄のない方法論を採用すると、時間を節約し、初期費用を削減できます。スクラムなどのアジャイル フレームワークを利用したり、UI/UX に Sketch やFigmaなどのラピッド プロトタイピング ツールを使用したりすることで、開発プロセスを合理化することもできます。モノリシック アーキテクチャとマイクロサービス アーキテクチャのどちらを採用するか、SQL データベースと NoSQL データベースのどちらを選択するかを決定する際には、長期的なビジョンを念頭に置きながら、MVP にとって不可欠なものから始める必要があります。


初期の MVP ユーザーから得られるフィードバックも非常に貴重です。これは次のステップの指針となり、顧客が必要としない機能に時間とリソースを投資することを避けるのに役立ちます。

5. 技術インフラストラクチャをセットアップする

技術インフラストラクチャは SaaS ビジネスの基盤です。ここでは、プログラミング言語、開発フレームワーク、データベース、ホスティング環境、およびその他の多数のツールに関する重要な決定を迫られます。


プログラミング言語の選択は、ビジネスの成否を左右する重要なステップです。チームのスキルとプロジェクトの要求について考える必要があります。製品がデータ処理に大きく依存している場合は、多数のデータ中心ライブラリを備えた Python が最適な選択となる可能性があります。一方、高速リアルタイム アプリケーションを開発している場合は、Node.js または Go を検討することをお勧めします。


言語を選択したら、次は適切な開発フレームワークを選択します。この選択は、プロジェクトのニーズと選択した言語によって異なります。 JavaScript ユーザーは、Express.js がバックエンド開発に適しており、React.js または Vue.js がフロントエンドに適していると考えるかもしれません。 Python に慣れている人は、バックエンド フレームワークとして Flask または Django を使用できます。


次に、適切なデータベースを選択する必要があります。データが構造化されており、複雑なクエリに対応する必要がある場合は、MySQL や PostgreSQL などのリレーショナル データベースが最適な選択肢となる可能性があります。データがある程度構造化されていない場合、または迅速なスケーラビリティが主な懸念事項である場合は、Apache Cassandra やMongoDBなどの NoSQL データベースを検討することをお勧めします。


SaaS プロバイダーは、クラウドベースのホスティングが必要になります。これにより、スケーラビリティが最適化されるだけでなく、効率も向上します。コスト、地域の可用性、特定のサービス、チームのプラットフォームへの習熟度に応じて、AWS、Google Cloud、Microsoft Azure などのトッププロバイダーから選択できます。

6. ソフトウェア開発方法を選択する

SaaS 会社の繁栄を望むなら、ソフトウェアの開発、評価、強化のためのよく組織された戦略が必要です。したがって、適切な開発方法を選択する必要があります。


たとえば、アジャイル手法には、適応性や顧客とのコラボレーションなど、一連の強力な機能があります。これは、スプリントと呼ばれることが多い、短い反復的な開発サイクルを促進します。プロジェクトの要件が時間の経過とともに進化することが予想され、それに適応する柔軟性が必要な場合は、アジャイルが確実な選択肢です。急速に変化するデジタル マーケティングのような業界で SaaS 製品を開発している場合、アジャイルの動的な性質がまさに必要なものになる可能性があります。


スクラムと呼ばれるアジャイルの特定のバリエーションも、別の選択肢になる可能性があります。スクラムは、固定長のスプリント (通常は 2 ~ 4 週間) と、スクラム マスターやプロダクト オーナーなどの役割によって確保されます。スクラムは、メンバーがさまざまな役割を果たせる部門横断型チームの場合に特に効果的です。 SaaS スタートアップ企業が AI を活用したカスタマー サポート ツールを開発している場合、スクラムは、おそらく非常に複雑なプロジェクトに必要なバランスを提供する可能性があります。


開発と運用の間の緊密な連携に重点を置く場合は、 DevOps 方法論を検討できます。 DevOps アプローチは、自動監視や頻繁なリリースとともに、迅速かつ頻繁な更新が必要なプロジェクトに最適です。したがって、高速な応答時間と継続的な更新を必要とするクラウド指向の製品に取り組んでいる場合は、DevOps が最善の選択肢となる可能性があります。

7. セキュリティ対策を講じる

B2B SaaS プロジェクトを立ち上げるとき、あなたは単なるサービス プロバイダーではなく、ユーザー データの保護者でもあります。各セキュリティ対策はユーザーと評判を守ります。


ここでの最初のステップの 1 つは暗号化です。読み取り可能なデータを、キーでのみ解読できるコード化されたバージョンに変換します。 SaaS のアイデアにクラウド ストレージ システムの構築が含まれる場合、データは保存時と転送時の両方で暗号化されることが重要です。保存データの暗号化には AES-256 などのテクノロジー、転送中のデータには Transport Layer Security (TLS) などのテクノロジーを使用できます。


もちろん、ユーザー認証も重要です。多要素認証 (MFA) によるセキュリティ層を追加すると、システムの防御を強化できます。 OAuth や OpenID Connect などの安全な認証メカニズムを採用して、不正アクセスを回避します。


システム内でのユーザーのアクションを規制することも重要です。誰が何を表示し、どのようなアクションを実行できますか?ここで使用できる方法の 1 つは、組織内の個人の役割に基づいて権限を決定する役割ベースのアクセス制御 (RBAC) です。


当然のことながら、ビジネスで個人データを扱う場合は、データ保護法を遵守する必要があります。欧州連合の一般データ保護規則 ( GDPR ) や米国のカリフォルニア州消費者プライバシー法 (CCPA) などの規制を読んで研究してください。これらは、顧客情報を収集、保存、使用する方法を決定します。そうしないと、高額な罰金を含む結果に直面する可能性があります。

8. UX デザインに投資する

正直に言って、最先端のテクノロジーは素晴らしいものですが、それが必ずしも SaaS の世界で目立つわけではありません。場合によっては、ユーザー エクスペリエンス (UX) デザインが大きな違いを生むことがあります。ソフトウェアの機能とユーザーのニーズの間の完璧なバランスを見つければ、まともな製品が優れた製品に変わります。


ユーザーが期限を割り当て、タスクを管理および受け入れ、進捗状況を追跡するタスク管理ツールなどの SaaS プロジェクトには、直感的なインターフェイスが必須です。シンプルでフレンドリーなデザインは効率的な作業プロセスを促進しますが、混乱して乱雑なデザインは最終的にユーザーのフラストレーションを引き起こし、進歩を遅らせ、仕事の満足度を低下させます。


ユーザーのワークフロー、課題、満足のいく UX を作成するニーズを理解する必要があります。ペルソナ、ユーザー ジャーニー、共感マップなどのユーザー中心の設計ツールは、このプロセスに大いに役立ちます。


これを理解したら、それに合わせて UI をデザインできます。ここでは詳細が重要です。ボタンのサイズと色、メニューのレイアウト、重要な情報の配置はすべて、全体的なUXに影響します。一貫性、可視性、フィードバックなどの優れたデザインの原則を採用すると、UX を大幅に向上させることができます。


私は B2B SaaS です。あなたの顧客は仕事の一環として毎日あなたのソフトウェアをよく使用しています。優れた UX は仕事を容易にするだけでなく、仕事を楽しくします。したがって、賢明に、直感的でユーザーフレンドリーなデザインに投資してください。

9. スケーラビリティの計画

B2B SaaS 製品を構築しているときの夢は、数人のユーザーから数百人、数千人、さらには数百万人にまで成長することです。ただし、ソフトウェア アーキテクチャの準備が整っていないと、夢はすぐに悪夢に変わる可能性があります。したがって、ソフトウェアの拡張性と将来性を計画してください。


ここでは、ユーザーの増加、データの増加、あるいはその両方の増加にかかわらず、ソフトウェアが負荷の増加に対応できることを確認する必要があります。リアルタイム ビデオ会議 SaaS プラットフォームを開発しているとします。ユーザー数が増加すると、システム内のデータ量が急激に増加する可能性があります。ソフトウェアがそれに応じて拡張できるように構築されていない場合、ビデオ品質の低下、遅延の問題、さらにはシステム障害に直面する可能性があります。


ここで、マイクロサービスやコンテナ化などの最新のアーキテクチャ戦略が役に立ちます。マイクロサービスは、アプリケーションを独立してデプロイ可能な小さなサービスに分割し、それぞれが特定の機能を実行します。したがって、ビデオ会議の例では、ユーザー管理、ビデオ ストリーミング、チャット、画面共有のための個別のサービスが存在する可能性があります。この分離により、アプリケーションのさまざまな部分を需要に応じて個別にスケーリングできるようになります。


コンテナは、ソフトウェアをそのすべての依存関係とともにパッケージ化し、異なる環境間での移動やデプロイを容易にします。これにより、需要が高まったときにサービスの新しいインスタンスをコンテナ内で迅速に起動できるため、スケーラビリティが向上します。コンテナ化には Docker 、コンテナ オーケストレーションには Kubernetes などの一般的なツールを使用できます。


AWS、Google Cloud、Azure などの一般的なクラウド プラットフォームもスケーラビリティに役立ちます。これらは、需要に基づいてコンピューティング リソースを自動的に増減できる自動スケーリング機能を提供し、常に最適なパフォーマンスを保証します。

10. API の設計と統合

分離は、ほとんどの SaaS 製品では実現できない贅沢です。別のサービスからデータを取得する場合でも、他のサービスが機能を利用できるようにする場合でも、統合は標準になっています。これは、API としてよく知られるアプリケーション プログラミング インターフェイスを使用して実現できます

API はレストランのメニューのようなものです。入手可能なものと注文方法を示します。 SaaS 製品の場合、API は利用可能な機能と、他のソフトウェアがそれらの機能をどのように要求できるかを概説します。たとえば、SaaS CRM システムは、外部 ERP システムから販売データをインポートする必要があります。適切に設計された API により、このデータ フローがスムーズかつ効率的に促進されます。


API を設計するときは、REST (Representational State Transfer) アーキテクチャ スタイルを考慮できます。 REST API は GET、POST、DELETE などの標準 HTTP メソッドを使用するため、理解しやすく、使いやすくなっています。機械学習サービスを提供する SaaS 製品は、ユーザーがデータセットのアップロード (POST リクエスト)、モデルのトレーニング (別の POST リクエスト)、予測の取得 (GET リクエスト) を可能にする REST API を公開する場合があります。


ただし、REST が唯一の選択肢ではありません。ニーズに応じて、 GraphQLを選択することもできます。これにより、クライアントは必要なデータを正確に指定でき、オーバーフェッチやアンダーフェッチの問題が軽減されます。または、特にマイクロサービス アーキテクチャで役立つ、高パフォーマンス、低遅延のシナリオのためにgRPCを選択することもできます。


API は、決済処理業者、電子メール プロバイダー、ソーシャル メディア プラットフォームなどのサードパーティ サービスを組み込むためにも使用されます。たとえば、SaaS 電子商取引ソリューションを構築しているとします。その場合、おそらくトランザクションを処理するために Stripe と統合するか、トランザクション電子メールをディスパッチするために SendGrid との統合が必要になります。

11. CI/CD パイプラインのセットアップ

言うまでもなく、製品を最新の状態に保ち、バグがない状態に保つことも重要です。ソフトウェアが成長すると、変更の管理と展開も同様に複雑になります。ここで、継続的インテグレーションと継続的デプロイメント (CI/CD) が介入します。


CI/CD は、ソフトウェア開発プロセスの中枢神経系のようなものです。テスト、構築、展開を管理し、手動による介入の必要性を減らし、生産性を向上させます。


継続的インテグレーション (CI) は、開発者の変更をメイン コード ブランチに頻繁に (理想的には 1 日に数回) マージする手法です。各マージは自動化されたビルドとテストによって検証され、バグを迅速に発見して修正するのに役立ちます。 SaaS 分析ツールを開発していると想像してください。


ある開発者は新しいデータ視覚化機能に取り組んでいる一方で、別の開発者はデータ処理アルゴリズムを最適化している可能性があります。 CI は、アプリケーションを中断することなくコード変更が共存できることを保証します。


継続的展開 (CD) は、これらの更新を最も効率的かつ迅速な方法でユーザーに配信することに重点を置いています。変更が CI 段階で承認されると、実稼働環境に自動的にデプロイされます。そのため、SaaS CRM システムでバグを見つけて修正した場合、ユーザーは修正の恩恵を受けるまでに数週間または数か月も長引く必要はありません。修正が完了すると、ユーザーは修正を利用できるようになります。


CI/CD パイプラインをセットアップするためのツールは多数あります。 Jenkins は、幅広いプラグインをサポートし、開発中に使用できる事実上すべてのツールと統合するオープンソース オプションです。あるいは、Travis CI や CircleCI などのクラウド中心のサービス、または AWS CodePipeline や Google Cloud Build などのプラットフォーム固有のソリューションに注目することもできます。

12. カスタマーサポート体制の整備

カスタマーサポートは単に問題を解決するだけではありません。それは、顧客ベースとの信頼と忠誠心を築き、顧客の成功を気にかけていることを示すことです。優れたカスタマー サポート システムは、SaaS 製品にとって大きなプラスとなります。


さまざまなサポート チャネルを提供することで、ユーザーの多様な好みに応えることができます。たとえば、便利で個人的なリアルタイムのライブ チャットを考えてみましょう。 SaaS 電子商取引プラットフォームを管理している場合、ユーザーは新しい製品リストを追加するためのガイダンスが必要になる場合があります。ライブチャットを使用すると、必要なときにすぐにサポートを受けることができます。 Intercom や LiveChat などのツールは、この機能を製品に追加するのに役立ちます。


また、電子メール サポートは、緊急でない問題や、詳細な回答が必要な複雑な問い合わせに最適です。さらに、ほぼすべてのユーザーが快適に使用できるチャネルです。 SaaS 製品が CRM システムの場合、ユーザーは電子メール マーケティング アプリケーションの同期に関する質問を送信することがあります。それに応じて、サポート スタッフが段階的なチュートリアルを提供できます。


また、サポート システムのナレッジ ベースを構築することもできます。これは、ハウツー ガイドや FAQ からトラブルシューティングのヒントに至るまで、製品に関する情報のセルフサービス ライブラリです。 SaaS プロジェクト管理ツールを提供しているとします。ユーザーは、新しいプロジェクトのセットアップ、チーム メンバーの追加、または高度な機能の使用に関する手順についてナレッジ ベースを参照できます。

13. 製品を起動する

製品の発売は、デジタル ショップのドアを初めて開くようなものです。期待も賭け金も高いです。最初のユーザーは単なる顧客ではありません。彼らは、製品の進化のために貴重なフィードバックを提供できる先駆者です。


たとえば、人事管理用の SaaS ツールを立ち上げるとします。初日から、従業員のオンボーディング、給与処理、パフォーマンス追跡などの一連の機能を利用できるようになります。しかし、多くの顧客がリモート勤務時間を追跡する機能を求めていることにすぐに気づきました。したがって、将来のアップデートでこの機能を追加することを検討してください。


綿密に計画された発売戦略は、話題を生み出し、潜在的な顧客を引き付けるのにも役立ちます。早期導入者向けにベータ プログラムを実行したり、プロモーション割引を提供したり、仮想発売イベントを主催したりすることができます。


ユーザーからのフィードバックを収集して分析することを忘れないでください。アンケート、フィードバック フォーム、ユーザー インタビュー、分析ツールによって、製品がどのように使用されているか、どこを改善できるかについての洞察が得られます。このプロセスでは、Google Analytics、Hotjar、UserTesting などのツールが役立ちます。


製品の発売は始まりにすぎません。次に、ユーザーのフィードバックに基づいて反復、改良、改善が行われます。あなたの適応力と革新力が大きな違いを生みます。

14. 改善に取り組む

B2B SaaS 製品が成功するまでの道のりは、コンセプトから成功まで直線ではありません。それはスパイラルであり、何度もループして戻ってきます。各ラウンドのフィードバックと使用状況データの各ナゲットが製品を形成し、機能を洗練し、ユーザー エクスペリエンスを磨きます。


サプライ チェーン管理のための仮想の SaaS ツールを考えてみましょう。在庫追跡、注文管理、物流の最適化などの一連の機能を起動します。しかし、ユーザーがこのツールを使い始めると、一部の機能が思ったほどユーザーフレンドリーではないことに気付いたり、人気のある電子商取引プラットフォームとの統合などの新しいものが必要になったりする可能性があります。


反復を成功させる秘訣は、ユーザーのフィードバックと使用状況分析の組み合わせです。顧客調査やサポート クエリなどのさまざまなフィードバック チャネルにより、ユーザーの好み、課題、要望に関する定性的なデータが得られます。


一方、ユーザー行動分析は、製品の使用状況に関する定量的な情報を提供します。 Mixpanel や Amplitude などのツールは、アクティブ ユーザーの数、機能の導入、セッション期間、ユーザー維持率を監視するのに役立ちます。


B2B SaaS の領域では、立ち止まることはできません。業界は急速に変化しており、ユーザーの期待も同様に変化しています。継続的な反復と改善は、単なる成功戦略ではなく、生き残るためのスキルです。

結論

SaaS の世界への旅は、時には困難で、イライラすることさえあるかもしれません。しかし、ローマは一日にして成らず、SaaS ビジネスも一日にして成りません。

たとえ小さくても、それぞれの節目を立ち止まって祝うことを忘れないでください。結局のところ、すべてのステップが目的地、つまり将来のビジネスのデジタル全面改革のアーキテクトに近づくのです。